トップ > 展示 > 企画
特別企画展 −布志名舩木窯の魅力−舩木研兒遺作展
平成28年12月9日(金)〜平成29年6月4日(日)

 このたび倉敷民藝館は −布志名舩木窯の魅力− 舩木研兒遺作展 と題しました特別企画展を開催いたします。

 島根県松江市玉湯町布志名 宍道湖南岸の湖畔にあり、 約170年の歴史を持つ布志名(ふじな)舩木(ふなき)窯(がま)の特徴は、 白釉(はくゆう)、淡黄釉(たんこうゆう)、黄釉(きぐすり)、緑釉(りょくゆう)、 鉄釉(てつゆう)などの色彩や、スリップウェアの技法などにあります。

 布志名舩木窯の五代目 舩木研兒氏(1927〜2015)は 昭和25年(1950年)に浜田庄司氏に師事、日本民藝館賞を受賞されました。 昭和42年(1967年)に渡英、バーナード・リーチ氏及びデビット・リーチ氏の 窯場にて研修され、本格的にスリップウェアの技法を取り入れられました。

 岡山天満屋、日本橋三越、赤坂グリーン・ギャラリー、大阪阪急百貨店など 日本各地での作品展をはじめ、イギリスのビクトリア・アルバート・ ミュージアムへのパブリックコレクションや、ウィーン民族博物館、 ロンドン、ロスアンゼルスでの作品展示など、国内外で活発な活動を行われました。

 この特別企画展は、舩木研兒氏の大鉢やピッチャー、スリップウェア等を一同に 展示する当館におきましては初の試みとなります。この機会にぜひ足をお運び下さい。



公益財団法人 倉敷民芸館 710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11 Tel 086-422-1637 Fax 086-476-8446
Copyright(C) 2013,2014